合板でつくる家具デザインコンペ募集について



出雲市鳶巣地区において、空き家を活用した、島根県立大学出雲キャンパス学生向けのシェアハウスを整備しています。
この取組では、シェアハウス内に鳶巣地区の住民と県立大学学生の交流を促進するための『地域交流サロン』を併せて整備します。
このたび、サロンで使用する家具類のデザイン案を募集します。


テーマ

地域交流サロンで使用する家具類のデザイン

作品条件

  • 合板(1枚の寸法910mm×1,820mm厚さ適宜)を使用(主材料)して製作できるものとします。部分的に合板以外の材料を使用することは可能です。
  • 実際に製作が可能で、長期に使用できるものとします。
  • 家具の種類はテーブル、いす、棚など、行事例を踏まえて適宜提案してください。

提出物

  1. A3判1枚表現方法自由
  2. エントリーシート
※提出は上記①②をPDFデータへ変換のうえ電子メールまたは、印刷したものを郵送してください。

審査

地域交流サロンの使用者となる地域住民、県立大学学生を含めた審査委員会により行います。時期は12月中旬の予定です。
受賞者の発表は、主催者のHPで公表するとともに代表者あて別途連絡します。

賞金

最優秀賞1作品3万円優秀賞3作品1万円特別賞適宜5千円

制作

主催者は提案をもとに家具類を制作し、地域交流サロンで使用します。

応募締切

令和3年11月26日(金)

提出先

一般財団法人島根県建築住宅センターあて
〒690-0842 島根県松江市東本町2丁目60番地すままちプラザ2階
メール:info@shimane-bhc.or.jp
TEL:0852-26-4577

主催

「地・学連携による空き家活用プロジェクト」連携団体
事務局:(一財)島根県建築住宅センター

特別協賛

一般財団法人田部謝恩財団