長期優良住宅の法律

数世代にわたり良好な状態で住み続けることができるような対策がとられている住宅として、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律(平成 21 年 6 月施行)」に基づく認定を受けた優良な住宅を「長期優良住宅」と言います。
長期優良住宅の認定を受けるためには、所管行政庁への申請が必要となります。
また、認定を受けた住宅は、税の減免を受けることができます。

長期優良住宅
耐震性能 大地震に対して倒壊しにくく、損傷が少ない。
劣化対策 数世代にわたって住み継げるように構造や骨組みがしっかりしている。
省エネルギー性能 断熱性能など、一定の省エネが確保され、環境にも家計にもやさしい。
住戸面積 住宅に一定の広さがあり、暮らしやすい。
維持管理・更新の容易性 耐用年数の短い内装や設備も、メンテナンス、リフォームがしやすい。
居住環境 周囲の街並みに調和している。
維持保全計画 建築する時から将来を見据え、定期的な点検・補修に関して計画されている。

長期優良住宅と一般住宅を比べてみたら !

一般住宅と比べて、長期優良住宅は様々なメリットがあります。

長期優良住宅の事例

島根県内に建てられた長期優良住宅の事例を紹介します。