平成 30 年度 しまね建築・住宅コンクール

 

近年、島根県においては、取り組むべき課題として、人口減少や高齢化への対策、地域コミュニティの維持・再生や災害に強く、環境に優しい街づくり等があり、県内の住宅・建築物にもバリアフリー化や空き家の活用、耐震や省エネ性能の向上等が求められています。

島根県では、これらの課題に対応するため、平成 19 年度から「しまね建築・住宅コンクール」を実施して、県民、事業者から優良な住宅や建築物の整備事例、活動事例を募集し、特に優れたものを表彰して、モデル例として広く県民に紹介しています。

 

あなたのお気に入りの住まいや建物、地域の地道な取組や活動をたくさん推薦してください。



●募集テーマ

『生活環境の変化に順応する、わが街・わが家の工夫一くらしを取り巻く課題への対応一』


○島根県内で、平成 30 年 9 月 28 日(金)までに実施されたものに限ります。

○自薦・他薦を問わず、個人・団体・企業・自治体、どなたでも応募可能です。

 

■募集部門
部門説明具体例
建築物

概ね 5 年以内に建築(新築、増築、改築または移転)し、修繕し、また模様替えした建築物(建築物の一部またはその敷地を含む)であって、募集テーマに即して、以下のいずれかに該当するもの

・建築主、利用者などへの配慮がなされているもの

・創意、工夫が見られるもの

・地域特性を活かしたもの(地域材、気候、風土等)

・既存建築物を活用したもの

・今後のモデルとして、波及効果が期待できるもの

・環境にやさしいもの

●災害に備えた工夫ある家

●地域の活性化を目的としたコミュニティ施設を整備した事例

●オリジナルにこだわった建築主参加型の家づくり

●地域に増加する空き家を再生した事例

●子育てが楽しくなる家

●ゼロエネルギーを目指した住宅

など

活動

募集テーマに即した住生活に関連する取り組み、活動であって、以下のいずれかに該当するもの

・創意、工夫が見られるもの

・地域特性を活かしたもの(地域材、気候、風土等)

・他者への意識啓発に寄与しているもの

・積極的、継続的に取り組まれているもの

・今後のモデルとして、波及効果が期待できる事例

・住民や地域に貢献していること

●突然おそってくる地震に備えた地域・家庭での取り組み

●高齢者世帯、子育て世帯に対する地域での居住支援活動

●使われなくなった学校、店舗等を活用して行われているまちの活性化活動など

        ※活動そのものを評価の対象としますので、活動が行われている建物については評価の対象外です。




●応募の方法

応募書類は、次のものを提出してください。

 

■応募書類一覧
応募書類建築物部門活動部門様式データ
応募用紙(様式 1 ) ( Exel:30KB )
( PDF : 471KB )
写真(様式 2 )※ 1 ( Exel:16KB )
( PDF:421KB )
応募概要を説明する資料(可能な限り添付する)   任意の様式で構いません
 

 

※ 1 写真は応募概要がわかるもので、枚数は 6 枚以内

         

      記入例はこちらから →建築物部門( 2.42MB ) /活動部門( 1.5MB )

      募集チラシはこちらから →( PDF : 2.05MB )


●応募書類の提出先


応募書類は下記応募先へご持参いただくか、郵送またはメールで送付してください。

 

【応募締切】

平成 30 年 9 月 28 日(金) 必着
※郵送の場合、当日の消印があるものは有効とします

 

【応募先】

一般財団法人島根県建築住宅センター

〒 690-0842

松江市東本町 2 丁目 60 番地 すままちプラザ 2 階

TEL:0852-26-4577

E-mail: