住宅性能評価について

住宅性能表示制度による性能評価の流れ



住宅性能評価は任意の制度ですので、評価を第三者機関に依頼するかどうかは、住宅を取得しようとする方や住宅生産者、販売者などの任意の選択に委ねられます。

設計住宅性能評価の申請手数料

 (い)床面積の合計 (ろ)手数料の額(円)
戸建住宅 200m2以内 46,000
200m2を超えるもの 75,000
共同住宅 500m2未満 70,000+M×21,000
500m2以上 1,000m2未満 90,000+M×21,000
1,000m2以上 2,000m2未満 121,000+M×21,000
2,000m2以上 10,000m2未満 347,000+M×21,000
10,000m2以上 50,000m2未満 541,000+M×21,000
50,000m2以上 1,123,000+M×21,000
  • M : 評価対象戸数とする。
  • 【性能評価事項による加算】
    ・性能表示事項の内、選択項目を評価事項として申請する場合は、1 項目につき 1,500 円を上記の手数料に加算する。
    ([ ⑨ . 高齢者等への配慮に関すること ] については、5,000 円を加算する)
    ・⑤ . 温熱環境・エネルギー消費量に関する性能評価事項を、一次エネルギー消費量等級とした場合は、11,000 円を上記の手数料に加算する。

(上記評価料金に消費税が必要です)

住宅性能評価マーク

住宅性能評価マークは、登録住宅性能評価機関が交付する住宅の安心マークです。

10 分類 29 項目について、等級や数値で評価・表示されています。


設計住宅性能評価書のマーク


建設住宅性能評価書のマーク

  1. 構造の安定
  2. 火災時の安定
  3. 劣化の軽減
  4. 維持管理への配慮
  5. 温熱環境
  6. 空気環境
  7. 光・視環境
  8. 音環境(選択事項)
  9. 高齢者への配慮
  10. 防犯